玉陵(那覇市首里)

「たまうどぅん(玉御殿)」んでぃ言(ゆ)ん。「たま」や「霊」ぬちむええやんでぃぬ考(かんげ)えんあん。「玉」や「玉黄金」んでぃ言る言葉(くとぅば)んある通(とぅう)い、「宝物(たからむん)ぬ如(ぐとぅ)、美(ちゅ)らさん」でぃぬちむええぬあん。首里城(しゅいぐしく)ぬ西(いり)んかいあん。第二尚氏ぬ御陵(はか)なやあに、世界遺産ぬんかい登録さっとおん。第一尚氏ぬ御陵や浦添(うらしい)んかいあるぬ…

続きを読む

旧日本軍壕跡(那覇市)

 首里城(しゅいぐしく)ぬ地下(じいしちゃ)んかい旧日本軍第32軍ぬ司令部壕(がま)ぬあん。 くまあハンタ山ぬ側(はた))ぬ入口(いいぐち)なとおん。 城内(ぐしくうち)んかいん幾(いく)ちがなぬ出入(んじい)り口ぬあん。 豊見城(てみぐしく)んかいある海軍壕ねえし、戦跡(いくさあとぅ)とぅしち見(み)しゆせえませえあらにんでぃぬ話(はなし)ん出(ん)じとおん。 やしが、豪(がま)ぬ中(なあか)…

続きを読む

一中健児之塔(那覇市)

 沖縄戦(うちなあぬいくさ)ぬばす、沖縄県立第一学校ぬ学生達(がくしいたあ)や学徒兵(がくとぅひい)とぅさあに、取(とぅ)らったん。 戦ん終(う)わいがたあやたる6月(るくぐゎち)ぬ下(しむ)、兵隊(ひいたい)とぅまじゅん、斬(ち)り込(く)みしが行(ん)じゃあい、多(うふ)くぬ学生ぬ死(し)じゃん。 写真やうったあが祀(まち)らっとおる慰霊碑(いりいぬふぃい)やん。 戦死(いくさじ)にさる学生…

続きを読む