チョンダラー(八重瀬町)

 写真や八重瀬町東風平青年会ぬエイサー風景 シチグァチ(旧盆)ないねえ、沖縄本島(うちなあふんとぅう)ぬあまくまんじえ、いいくるエイサーぬ催(むゆう)さりいん。与勝まんぐらんじえ、エイサーぬ前座とぅさあに、酒樽担(さきだるか)たみとおるチョンダラーぬ舞(も)うゆん。チョンダラーんでえ、京太郎ぬ意味やん。昔(んかし)ぬ京太郎やヤマトゥから来(ち)ゅうる「旅芸人」やたんでぃぬ事(くとぅ)。薩摩が琉球…

続きを読む

溝原ぬ石道(糸満市)

 石畳(いしだたん)んでぃ言いねえ、首里金城(しゅいかなぐしく)町ぬ石畳や観光地(くぁんくうち)成いるあたい、音(うとぅ)に立っちょおしが、戦前迄(いくさめえまで)え沖縄(うちなあ)ぬまあにんあたん。戦なかい壊(くう)さってぃ、うぬまあまあ、草木(くさきい)なかいけえ覆(うす)らってぃ、やまけえとおる所(とぅくま)んあれえ、新石(みいいし)んかい変(け)えらっとおる所ん、またアスファルトんかい造…

続きを読む

慶良間(糸満市から)

「慶良間(きらま)あ見(み)いしが睫毛(まちげ)え見いらん」んでぃぬ黄金言葉(くがにくとぅば)ぬあん。 日本語(にふんぐ)ぬ「燈台下暗し」んでぃぬ意味とぅ大概(てえげえ)や同(い)ぬむんやん。昔(んかし)え、今(なま)ねし、電話(でぃんわ)そうな通信手段(つうしんてぃだ)ぬん無(ね)えらんたくとぅ、進貢船(ちんくんしん)ぬ入(い)っち来(ちゅ)ゅうるばあや、慶良間から火立(ふぃいた)てぃい(狼煙…

続きを読む

鏡原からぬ眺み(那覇市)

 那覇市鏡原(なふぁしきよはら)から古波蔵(くふぁんぐぁ)まんぐらぬ眺み。朝早(あさへえ)くやくとぅ、なあだ風(かじ)んみぐてえ居(をぅ)らな、漫湖お鏡(かがん)ぬ如(ぐと)おん。鏡原や鏡水(かがんじ)からぬ流りなとおん。鏡水や今あ那覇空港(なあふぁくうくう)とぅし、地(じい)ぬ取(とぅ)らっとくとぅ、くまんかい、移(うち)たんでぃぬ事(くとぅ)やん。あんし、「鏡水」から「鏡」取やあに、「鏡原」…

続きを読む

白梅壕前ぬ一枚岩(八重瀬町)

 八重瀬町富盛(ゑえじちょうとぅむい)グシクぬ近くんかい旧白梅学徒隊(ちゅうしらんみぐぁくとぅてえ)ぬ壕(がま)ぬあん。 写真やうぬ壕ぬ門口(ぞうぐち)ぬ前(めえ)んかいあぬ岩(しい)。 今(なま)あ、かじゅまる木(ぎい)なかい抱かっとおしが、学徒隊たあが壕んかい居(をぅ)たるばすお、ちゃぬ風儀(ふうじ)がそおたらあ。 白梅学徒隊んでぃ言いねえ、姫百合学徒隊(ひみゆいぐぁくとぅてえ)とぅ同(い)…

続きを読む

サンニン(八重瀬町)

 ムーチーガーサんでぃん月桃んでぃん言(ゆ)ん。花ぬ咲ちゅる節(しち)んやがてぃ終(うわ)ゆん。くぬ道え、側(すば)なありい、いっそうからサンニンぬ生(み)みいまんどおん。 我ったあが童(わらび)ぬばす迄(まで)え、ムーチーぬ日(ふぃい)(旧12月1日)ぬ近寄(ちかゆ)てぃ来(ち)いねえ、ムーチーガーサ刈てぃ来(ち)ゅうしえ、童んちゃあぬ仕事(しくち)どぅやたしが、今(なま)ぬ童(わら)んちゃあ…

続きを読む

町方ぬがじゅまる(那覇市)

 くぬ写真見(ん)じいねえ、まあぬ田舎がやらんでぃ思(うみ)ゆる筈やん。 やしが、くまあ、ビルぬ立ち並ぶる那覇(なあふぁ)ぬ新都心(しんとぅしん)銘刈(みかる)どぅやる。くぬがじゅまる木群(ぎい)や横幅(ゆくはば)や5M、縦幅(たてぃはば)や20Mぐれえあん。 復帰前(ふっちめえ)や米兵住宅(びいひいじゅうたく)やたくとぅ、うん如(ぐとぅ)うし残(ぬく)さっとおるばすやん。 米兵住宅や土地利用(…

続きを読む

ディグぬ花(八重瀬町)

 うちなあぐちしえ「ディグぬ花」んでぃ言(ゆ)ん。 ディグぬ花や、いいくる民謡ぬ歌詞んかいん使あらっとおん。 「♪デイゴの花の咲く頃は~」(民謡「沖縄育ち」黒島英章作詞作曲)、「♪我んやディグぬ花~」(民謡「でいごの花」知名定繁作詞作曲)、「♪デイゴの花が咲き~」(「島唄」ザ・ブーム)んでえ。 肝(ちむ)ぬ思(うみ)いがやら、じるん悲(な)ちかさるメロディーやん。うちなあんじえ昔(んかし)か…

続きを読む

与儀公園(那覇市)

 今(なま)あ、木(きい)ぬ多(うふ)く、けえ植(ゐ)いらってぃ、いいばさんねえそおしが、復帰前(ふっちめえ)や何(ぬ)ん無(ね)えらんたくとぅ、広(ふぃる)さんねえ思(うま)ありいたん。毎年(めえにん)4月28日ないねえ、祖国復帰県民大会(すくくふっちきんみんたいわい)ぬ行(うくな)わりいる所(とぅくる)んやたん。沖縄県祖国復帰協議会(うちなあきんすくくふっちちょうじくぁい)や、1960年んじ…

続きを読む

浜比嘉島ぬアマジン(うるま市)

 浜比嘉島(ばまひじゃじま)ぬ北東んかいたっくぁとおるアマジンでぃゆる岩島(しいじま)。琉球開闢(るうちゅうくぁいびゃく)ぬ祖(す)んで言ゃっとおるアマミチュウ(アマミ人)ぬ墓んでぃさっとおる洞穴(がま)ぬあん。近くんかいやシルミチュウぬ御嶽(うたき)んあん。二人(たい)や男(ゐぎが)とぅ女(ゐなぐ)ぬニ神(にしん)んでぃさっとおしが、実(じゅん)ねえアマミや古代水軍海人部族(くでえあまびしいぐ…

続きを読む

南山城址(糸満市)

 糸満市高嶺(いとぅまんしたかんみ)んかいや琉球(るうちゅう)三山(三国)ぬ一(てぃい)ちやたるた南山(山南)ぬあたん。うぬ王統ぬ承察度ぬ世(ゆう)んじ、むっとぅん栄(さけ)えとおたんでぃ言ゃっとしが、他魯毎(たるみい)ぬ世なてぃから中山(首里)なかい滅(ふる)ぶさったん。明(中国)ぬんかい朝貢船出(ちんくんしんん)じゃちょおたるあたいやくとぅ、城(ぐしく)ん大(ま)さたる筈(はじ)やしが、今残…

続きを読む