豚ぬフール(移設)(那覇市)

 那覇(なあふぁ)市字田原(あざたばる)ぬ民家(やあ)んかいあたるフール(フルんでぃん言ん)ゆくまぬ田原公園(たばるこういん)ぬんかい移設(いしち)せえるむぬやんでぃぬ事(くとぅ)。 我(わあ)が小(くう)さいにい迄(まで)え、豚(うわあ)ぬフルお、写真ぬ如(ぐと)おる立派なむぬおあらんてぃん、大概(てえげえ)ぬ家(やあ)んかいあたん。 豚小(うわあぐぁあ)飼(か)らてぃ、ふるうゎあち、売いねえ…

続きを読む

嘉手志井戸裏(糸満市)

 かあま昔(んかし)、水(みじ)んけえ枯りてぃ、飢饉(がし)んかい成やあに、村ぬ人(ちゅ)ん達(ちゃあ)が水とぅめえてぃ歩(あ)っちょおたるばす、山道から水んかい濡(ん)でぃとおる犬(いん)ぬ出(ん)じてぃ来(ち)ゃあに、胴振(どぅうふ)てぃ、胴んかい付(ち)ちょおたる水いっぺえ、撒ち放(ほう)たん。 うり見(ん)ちゃる村ぬ人ん達や、犬賺(いんしか)ち、水ぬ在(あ)ぬ所(とぅくま)んかい案内(あ…

続きを読む

真壁城址(糸満市)

 真壁城(まかびぐしく)や、なんぞお音(をぅとぅ)に立っちぇえ居(をぅ)らな、知っちょおる人(ちゅ)ん、いきらいぎさん。  ヤマトゥんかい同(い)ぬ名(なあ)ぬ城ぬあん。沖縄語(うちなあぐち)や危機言語(ちちぎんぐ)やんでぃ言(い)ゃっとおしが、くりかあんじえ、今(なま)ちきてぃ、まる平生(ふぃいじい)ん、うちなあぐちぬ使(ちか)あらってぃ、30代ん普通(ふつう)に使(ちか)とおん。 「漫才敵討…

続きを読む

上江洲家(南城市)

 今(なま)に残(ぬく)とおる典型的(てぃんちいてぃち)なゆっかっ人(ちゅう)ぬ屋敷(やしち)なてぃ、南城市ぬ文化財(ぶんくぁぜえ)やん。 昼(ひる)お、戸(はしる)んわい開(あ)きらっとおしが、中(なか)あ、庭(なあ)ぬ石ひんぷんし、かたかさってぃ見(み)いらん。 魔物(まじむん)ぬ入っち来(く)うん為(たみ)ぬむんやんでぃ、言(い)やゃっとおしが、プライバシー守(まむ)ゆる為んやん。 回(ま…

続きを読む

喜屋武海岸(糸満市)

 喜屋武岬(ちゃんみさち)ぬあまりかあや、ジョン・万次郎が上陸さんでぃ言ゃっとおる大度海岸ぬあん。 万次郎や自(どぅう)が上陸さる琉球(りゅうちゅう)ぬ地名やチャンクミーシ(喜屋武・米須)やんでぃち良(ゆ)う覚(うび)いとおたん。 何(ぬ)がんでえ、彼(うり)え、ニ(た)けん、糸満(いちま)ぬんかい上陸さくとぅやん。アメリカぬ船(ふに)んかい乗(ぬ)しらってぃ行ちゅる途中(みちなか)、大度海岸ぬ…

続きを読む

受水走水ぬ御穂田(南城市)

 沖縄(うちなあ)んじぬ田(たあ)ぬ始(はじ)まいや、くぬ受水(うきんず)・走水(はいんず)ぬ側(すば)んかいあぬ田(御穂田)やんでぃぬ伝(ちてえ)え話ぬあん。くりかあや、琉球創生神んでぃさっとおるアマミキヨぬ上陸さるヤハラヅカサん近くんかいあい、また、アマミキヨぬ住(す)どおたんでぃ言(い)ゃっとおるミントゥングシクん、近くんかいあん。 やしが、くぬ田くうとお、まんぐらんかいや、なあ田や無(ね…

続きを読む

糸満市照屋風景(糸満市)

 糸満(いとぅまん)市ぬ照屋(てぃるや)ぬあじまあから八重瀬(いぇえじ)町まんぐらぬ景色(ちいち)やん。くりかあや畑(はる)ぬまんでぃ、田園風景ぬ広(ふぃる)がとおん。右(にじり)んかい行(い)ちいねえ、南山城(なんざんぐしく)祉通(とぅう)てぃ、喜屋武米須(ちゃんくみいし)んかい、左(ふぃざい)んかい行ちいねえ、兼城通(かにぐしくとぅう)てぃ、豊見城(とぅみぐしく)・那覇(なあふぁ)んかい出(…

続きを読む

豊見城城址(豊見城市)

 豊見城按司(とぅみぐしくあじ)ぬ居(をぅ)たる14~15世紀(しいち)頃(ぐる)栄(さけ)えとおたんでぃ言ゃっとおん。 戦前迄(いくさめえまでぃ)、残(ぬく)とおたる城壁(いしがち)とぅかアーチ門(ぞう)や戦争(いくさ)なかい壊(くう)さってぃ今(なま)あ、無(ね)えらん。 前(めえ)や、公園(くういん)とぅさあに、使(ちか)あらっとおたしが、今あ、けえ閉(くう)うらってぃ、さぼうりがなさぼう…

続きを読む

勝連城址遠景(うるま市)

 勝連城祉(かっちんぐしく)ぬ写真や今迄(なままでぃ)、幾(いく)けぬん、くぬHPんかい載(ぬ)してぃ来(ち)ゃるむぬやしが、南(ふぇえ)むてぃいぬ海ぬ埋立(うみた)てぃらったい、新道(みいみち)ぬ造(ちゅく)らったいさあに、でえじな、あい変わてぃ来ょおん。やしが、くぬまんぐらあ、なあだ我(わあ)が童(わらび)ぬばすぬ景色(ちいち)とぅ変わてえ居(をぅ)らんくとぅ、今ぬうちなかい、写真、ばんない…

続きを読む

崇元寺門跡(那覇市)

 写真びけん見(ん)じいねえ、まあぬ田舎がやらんでぃ思(うむ)ゆる観光客ん居(をぅ)ら筈(はじ)。やしが、くまあ那覇(なあふぁ)ぬ県道29号線ぬ道側(みちすば)どぅやる。 「崇元寺(すうぎんじ)通り」んでぃん言ゃっとおん。寺あ戦争(いくさ)なかい壊さったしが、うぬ石門びけんや壊(くう)さらんようい、造(ちゅく)らったるばすぬ姿(しがた)そおんでぃぬ事(くとぅ)やん。 創建(すうちん)ぬ年代(にん…

続きを読む

兼城ぬ県道(糸満市)

 南部ぬ道え、網(あみ)ぬ如(ぐとぅ)成てぃ、あまくまんかい入り込(く)でぃ、中北部ぬ人(ちゅ)ん達(ちゃあ)があ、慣りてえ無(ね)えらんでえ、分かい苦(ぐり)さぬ、いいくる道迷(みちまゆ)いすん。 くぬ道ん、実(じち)え新道(しんみち)なてぃ、造(ちゅく)らってぃから、なあだ30年(にん)やならん筈(はじ)。 糸満街道や車ぬまんどおくとぅ、那覇(なあふぁ)とぅか豊見城(とぅみぐしく)まんぐらか…

続きを読む

糸満市街(糸満市)

 うちなあんじえ、赤互屋根(あかがあらやに)ぬ家(やあ)や、まあにんあしが、くまぬ風景(ちいち)やかわてぃ、同(い)ぬ所(とぅくる)んかい赤互家ぬ揃(すり)てぃ、ちゅらむんやん。25年前(にんめえ)まんぐるんじん、くま写真ぬじゃるむんやしが、うんにいとぅ、てえげえや何(ぬう)ん変わらん。うちなあんじえ、赤瓦家や建てぃららんなてぃから、何十年(なんじゅうに)ぬんなゆん。赤互ぬ中(なあか)あ、半筒状…

続きを読む

浜側御嶽(南城市)

 南城市ぬ玉城(たまぐしく)んかいアマミキヨが上陸さんでぃ言ゃっとおるヤハラヅカサんでぃゆる浜ぬあん。うぬ浜ぬたんかあんんかいアマミキヨぬ屋敷跡(やしちあとぅ)んでぃさっとおる浜側御嶽(はまがあうたき)ぬあん。 今(なま)あ、だてん造(ちゅく)い直(のお)さってぃ、実(じゅん)にぬ昔(んかし)ぬままぬ有様がやたらあ分からんなとおん。やしが御嶽ぬ小庭(ぐななあ)ぬ周(まあ)いんかいや石積(いしじみ…

続きを読む