監視哨迹(うるま市)

 戦(いくさ)ぬばす、敵艦(てぃちくぁん)、敵機(てっち)ゆ監視(くぁんし)すぬ為(たみ)ぬ施設(ししち)。あまくま、弾なかい射(い)りくじらったる跡(あとぅ)ぬ見(み)ゆしが、うんにいぬまま残(ぬく)さっとおん。 米(アミリカ)ぬ艦隊ぬ50万人余(あま)いぬ大軍乗(うふいくさぬ)してぃ、沖縄中囲(うちなあじゅうかく)どおたる様子(ゆうし)え、くまから眺(ながみ)いねえ、いやでぃん、恐(うとぅ)…

続きを読む

コンドイビーチ(竹富町)

 ちゅら浜(ばま)とぅしち、音打(うとぅう)っちょおる浜なやあに、コマーシャルんでえぬ撮影さあが、いいくる来(ちゅ)ゅうる所(とぅくる)なとおん。 かたがた、我(わあ)が写真撮(ぬ)じゃる日(ふぃい)や、とぅりてぃ、海面(うわあび)や、鏡ぬ如(ぐとぅ)なてぃ、海ぬ底(すく)お、とぅうきてぃ見(み)ゆたん。  実(じゅん)にやれえ、まっ白(しいらあ)そおる綺麗(ちりい)な砂浜(しなはま)ゆ撮(ぬ)…

続きを読む

運天港(今帰仁村)

 源為朝ぬ流りてぃちゃる所(とぅっくる)なとおんでぃぬうっぴさあに、音打(うとぅう)っちょおる港(んなとぅ)やしが、交通ん不便(ふびん)なやあに、伊平屋(いひゃあ)、伊是名(いじな)航路くうとぬ航路え無(ね)えらん寂(さび)っさる港やん。 文献(ぶんきん)にゆいねえ、元々(むとぅむと)お、雲慶名(くむちな)んでぃ言(い)ちょおたんでぃぬ事(くとぅ)。 何時(いち)ぬ間(みい)、運天(うんてぃん)…

続きを読む

今帰仁城跡(今帰仁村)

 中南部ぬ城(ぐしく)ぬ城壁(いしがち)や、いいくる琉球石灰岩(るうちゅうしっくぁいぐぁん)ぬる使(ちか)あらっとおしが、今帰仁城(なちじんぐしく)とぅか阿須森(あすむい)ぬあまくまんかいある石垣(何ぬ跡がやら)え、いいくる玄武岩なとおん。 石垣(いしがち)ぬ積(ち)みいぬ一番古(ふる)さるしい様や、「野面積み」やんでぃぬ事(くとぅ)やしが、玄武岩や固(くふぁ)さぬ加工(せえく)ぬしい難(ぐり)…

続きを読む

蘇鉄林(国頭村)

 ♪赤い蘇鉄ぬ実も熟れる頃、加那も年頃♪んでぃち、歌謡曲「島育ち」なかい、歌(うた)あらっとおる蘇鉄(すてぃち)やしが、うぬぶくいや恐(うとぅ)るしむんやん。沖縄奄美(うちなああまみ)んかいや蘇鉄ぬまんどおん。肥(くぇえ)や入りらんてぃん、なんくる育(すだ)ちゅん。ぶくいや毒取(どぅくとぅ)いねえ、食(か)まりいしが、体(からた)んかい毒ぬ溜(た)まてぃ、体んかい、ありくりぬ障(さわ)いぬあ…

続きを読む

摩文仁ぬ海端(糸満市)

 6月(るくぐぁち)23日(にち)え慰霊ぬ日(ふぃい)。 1945年(にん)ぬ沖縄戦(うちなあしん)んじえ県民間人ぬ6人(るくにん)に1人(ちゅい)(9万4千人)が亡(ま)あち、くぬ摩文仁(まぶい)ぬはんたから飛(とゅ)び降(う)りやあに、自決(じきち)する女ん達んまんどおたん。 反戦反基地意識(はんしんはんちちいしち)ぬ高さ如何(ちゃぬ)ぬ様(ゆう)な敗戦(まきいくさ)さがんでぃ言(ゆ)る事ん…

続きを読む

伊集ぬ木(那覇市)

 ♪伊集(いじゅ)ぬ木(きい)ぬ花(はな)やあんきよらさ咲(さ)きより、我(わ)みも伊集やとて真白咲(ましらさ)かな♪んでぃち、「邊野喜節(びぬちぶし)」にん歌あらっとおる伊集ぬ花。 うぬ花ぬ咲ちゅる節(しち)え、小満(すうまん)・芒種(ぼうしゅう)んかいん当たゆん。 「我みも伊集やとて」や、「わぬんいじゅやとおてぃ」んでぃち、発音すしが、我(わ)っ達(たあ)シマぬ言葉(くとぅば)とぅ全(まった…

続きを読む

北緯27年線(国頭村)

 今日(ちゅう)や日本復帰40周年ぬ日(ふぃい)なとおん。 北緯27度線(しん)でぃ言(い)いや、サンフランシスコ条約なかい沖縄(うちなあ)とぅ本土(やまとぅ)分きたる境(さあけえ)なとおたん。 復帰前(めえ)や、沖縄からん、与論島(ゆんぬ)からん、ちゃっさきいぬ船(ふに)ぬ出(ん)じゃさってぃ、毎年(めえにん)4月28日、北緯27度線ぬ海(うみ)ぬ上於(ゐいをぅ)とおてぃ、祖国復帰海上集会(す…

続きを読む

田園(恩納村)

 田(たあ)ぬある景色見(ちいちん)じいねえ、なだやしくなゆん。 やしがまた、くむい小(ぐぁあ)んじ、んぶきとおたる弟(うっとぅ)、皆(んな)し助(たし)きたる事(くとぅ)ん思(うび)い出(ん)じゃすん。 戦前迄(いくさめえまでぃ)、自給自足(じちゅうじすく)なとおたる沖縄(うちなあ)から多(うふ)くぬ田(たあ)ぶっくぁぬ無(ね)えらんなとおしん歴史的訳(りちしてぃちわき)ぬあん。 基地(ちち)…

続きを読む

白い煙黒い煙碑(名護市)

 ♪山(やま)ぬ端(ふぁ)に立ちゅる煙(ちむり)照(てぃ)らし火(び)ぬ煙(ちむり) かりゆしぬ船(ふに)に産子(なしぐぁ)見(み)あて♪んでえ、知名定繁作ぬ民謡「別れの煙」ぬ歌詞やん。 ヤマトゥんかい行(い)ちゅる産子ぬ見送(みいうく)いしいが、那覇迄(なふぁまでぃ)行ちゆさんたる親(をぅや)兄弟(ちょうでえ)達(ちゃあ)や、名護城(なんぐしく)跡ぬ傍(かたは)ら(写真)んじ、木(きい)ぬ枝葉…

続きを読む

恩納岳(恩納村)

 ♪恩納岳(うんなだき)あがた里(さとぅ)が生(ん)まりじま、森(むい)ん押(う)し退(ぬ)きてぃくがたなさな♪ 金武(ち)ぬんかい居(をぅ)たる思里(うみさとぅ)、松金(まちがに)ぬ事思(くとぅうむ)てぃ詠(ゆ)だる>恩納ナビイぬ琉歌(るうか)なとおん。 松金が恩納間切(うんなまじり)んかい掟(うっち)とぅしち、赴任し来(ち)ゃる父親(をぅや)なかい連(そ)うらってぃ来ゃるばす、平民(ふ…

続きを読む

運玉森(西原町)

 運玉森(うんたまむい)や西原(にしばる)とぅ与那原(ゆなばる)ぬ境(さあけえ)んかいあん。 遠(とぅう)くから見(ん)じいねえ、別名(びちなあ)や西原富士んでぃ言(い)ゃりいるあたいうぬ形(かたち)え、ちゅらさしが、近くから見(ん)じいねえ、ただぬ森(むい)。 運玉義留(うんたまぎるう、うんたまじるう)んでぃ言(ゆ)る義賊(ぬすどぅ)ぬ居(をぅ)たんでぃぬ伝(ちて)え話からうぬ森ぬ名(なあ)ぬ…

続きを読む

しがり波警告岩(石垣市)

 去年(くず)ぬ東日本ぬ津波(しがりなみ)え、でえじなうすまさたん。 やしが、1771年(にん)んじ、先島(さちしま)んかいん大津波(うふしがりなみ)ぬ来(ち)ゃん。 写真(しゃし)ぬ石え、うぬばすに環礁(いのう)から打ち上ぎらったる珊瑚(さんぐ)やん。 似ちょおるう石(いし)え、海端(うみばた)いっぺえ、散らかとおん。 早(ふぇえ)くお、元(むとぅ)からあたる石どぅやるんでぃ言(ゆ)る人ん居た…

続きを読む

八重瀬城址(八重瀬町)

 桜祭(さくらまちい)んでぃいねえ、名護(なぐ)ぬ桜祭ぬる音打(うとぅう)っちょおしが、今(なま)あ、屋敷(やあやしち)ぬ庭(なあ)んかい植(ゐ)いらってぃ、いいくる南部ぬあまくまんじん見(ん)だりいんねえなとおん。 春(はる)ないねえ、桜花(さくらばな)ん咲(さ)きわる節(しち)ん分かゆい、ゐいりきさる。 やしが、首里(しゅい)グシクはじみ、大概(てえげえ)ぬグシクんかいや桜あ、無(ね)えらん…

続きを読む

忙なさ中城湾(知念岬遠望)

 中城湾(なかぐしくまがい)や知念岬(ちにんみさち)から見(ん)じいねえ、干瀬(ふぃし)ぬちゅらく見(み)ゆん。 あがたぬ与勝半島から見(ん)じいねえ、深海(ふかうみ)ぎさしどぅ見(み)ゆる。 くぬ湾ぬんかいあぬ干瀬(ふぃし)ぬ海(うみ)え、今(なm)あ埋(う)みたてぃぬ普請(ぶしん)ぬさっとおん。 まぎ船(ふに)ぬ見ゆしが、くぬ海ぬ東(あがり)ばたからあ、米軍(びいぐん)ぬ原子力潜水艦(ぎんし…

続きを読む

畑(糸満市)

 くまぬ景色(ちいち)え、どぅく、あながちさぬ、写真ぬぬじゃるむぬやん。米軍基地(びいぐんちち)ぬ造(ちゅく)るらりいる前迄(めえまで)え、大概(てえげえ)、畑(はたき)ぬあれえ、やあさ死(じ)にさんてぃ済(し)むたん。 沖縄(うちなあ)んじえ、自(どぅう)ぬ家ぐなびけん、食(か)むるうっさどぅ作(ちゅく)いむ作(じゅく)いやすたる。今(なま)あ、ううじ作(づく)いしいねえ、現金収入(ぎんちんし…

続きを読む

斎場御嶽(南城市)

 斎場御嶽(せえふぁあうたき)や、中山王ぬ一番ぬ拝(うが)み所(どぅくる)なとおん。 王家ぬ実(じゅん)にぬ拝み所お、久高島(くだかじま)どぅやしが、元々(むとぅむとぅ)、琉球神道ましせえねえらんたる向象賢(羽地朝秀)ぬ、歳費(んじるめえ)ふぃならする為(たみ)んでぃち、なじきやあに、久高島んかいぬ参拝止(や)みらち、うぬ代わい、くぬ斎場御嶽ゆ久高島んかいぬ御通(うとぅう)しとぅせえるばすやん。…

続きを読む

比謝川とぅ比謝橋(読谷村)

 恩納(うんな)ナビぬ琉歌(るうか)なかい歌らっとおる故(ゆい)に、音打(うとぅう)っちょおる比謝橋(ふぃざばし、ひじゃばし)やしが、今(なま)あ、ただぬコンクリートぬ田舎橋(いなかばし)なやい、うぬ風情(ふじい)や昔(んかし)ぬ橋(レプリカぬあん)ぬさくん無(ね)えらん。 まんぐらんあぬ石碑(しちひ)んかいや、「恨む比謝橋や情けないぬ人ぬわぬ渡さと思てかけておきやら」でぃぬナビぬ琉歌ぬ書かっと…

続きを読む

ハマスーキ(読谷村)

 残波(ざんぱ)ぬ海端(うみばた)んかいや、ハマスーキ(スーキ。和名やクサトベラ)ぬいっぺえ、広(ふぃる)がとおん。 火山岩ぬ上辺(うわあび)、覆(うす)とおる土(んちゃ)、砂(しな)ぬ上(ゐい)んじ、生(み)いとおん。 近くんかいや、まぎホテルんあい、観光客(くぁんこうちゃく)んまんどおしが、くまぬ中(なあか)んかい踏(くだ)み入(い)っち行(い)いちいねえ、あまとぅがいくまとぅがいそおる火山…

続きを読む

仲原遺跡(うるま市伊計島)

 2000~2500年前(にんめえ)ぬ縄文時代(じょうもんゆう)ぬムラぬ跡(あとぅ)やんでぃぬ事(くとぅ)。 くま於(をぅ)とおてぃ、諸(むる)し、23棟とぅめえらったんでぃぬ事やしが、なあふぃのお無(ね)えらんがあたら。甕(かあみ)、石斧(ゆうちゃあ)、骨針(ふにはあい)、装飾品(かざいむん)んでえんとぅめえらっとおん。 島あぐなさぬ、周(まあ)いや海なとおい、魚貝(いゆけえ)そおなむん取(と…

続きを読む

恩納村ぬ海端(恩納村)

 うちなあぬ西(いりい)ぬ海端(うみばた)んかいや写真ぬ如(ぐとぅ)、火山岩(溶岩ぬ固まとおし)ぬあぬ所(とぅくる)ぬあん。 縄文代(じょうむんゆう)んじえ、奄美大島ぬ北(にし)ぬ海於(うみをぅ)とおてぃ、海底火山(くぁいてぃいくぁざん)ぬ噴火(ふんくぁ)さあに、長(なげ)えさ、本土(やまとぅ)とぅ琉球弧ぬ(るうちゅうく)ぬ行(い)ち戻(むどぅ)いや隔(ふぃざ)みらっとおたんでぃぬ説(はなし)ぬ…

続きを読む

藪地洞穴(ジャネー洞穴)(うるま市)

 くま於(をぅ)とおてぃ、6500年前ぬ(にんめえ)ぬ土器とぅか貝(けえ)ぬ鏃(やじい)んでえぬとぅめえらったんでぃぬ事(くとぅ)。 うんな土器そうなむんや九州から南西諸島迄(までぃ)あたるむんやんでぃぬ事。また、貝(けえ)ぬ鏃や、中国南部(ちゅうぐくなんぶ)ぬむんとぅ同(い)ぬむんでぃ考(かんげ)えらっとおいぎさん。 天(あま)ん世(ゆう)んじえ、国境(くにぬさあけえ)んでぃしえ無(ね)えなら…

続きを読む

犬鳴井戸Ⅱ(うるま市)

 石碑(しちひ)んかい書かっとおる記事(ちじ)に拠(ゆ)いねえ、上(ゐい)ぬ平地(とうばる)からうぬ河迄(かあまで)え、坂(さか)ない成やあに、石段(いしだん)ぬん150段(だ)ぬんあんでぃぬ事(くとぅ)。 我(わん)にん、うぬ坂ない、行(い)ち戻(むどぅ)いさしが、でえじな難儀(なんじ)やたん。石碑ぬ琉歌(るうか)んかいん、「伊計人(いちんちゅ)の嫁(ゆみ)や ない欲(ぶ)しゃやあしが 犬名河…

続きを読む

犬鳴井戸(犬名井戸)(うるま市)

 うぬ川(かあ、『泉』ぬ事)や、文献(ぶんち)ぬんかいや「犬鳴川(いんながあ)」んでぃちあん。 昔(んかし)、畑(はる)さあが、犬(いん)ぬ鳴ち声聞(ぐぃいち)ち、ふぃるまささあに、声(くぃい)ぬすぬ海端迄(うみばたまでぃ)、行(ん)じゃれえ、濡(ん)でぃ犬(いん)が、川(かあ)んじ、水遊(みじあし)びそおたんでぃぬ事(くとぅ)やん。 昭和十年(じゅうにん)頃(ぐる)、整備(しいび)すんでぃち、…

続きを読む

屋良城址まんぐら(読谷村)

 比謝川(ひじゃがあ)ぬ上流(うわあび)え、でえじな静(しじ)かな所(とぅくる)成とおん。くりかあんかい屋良城(やらぐしく、屋良大川城)ぬ跡(あとぅ)ぬあん。 今(なま)あ、跡形(あとぅかた)びけんどぅ残(ぬく)とおくとぅ、如何(ちゃ)ぬ風儀(ふうじい)ぬ城(ぐしく)がやたら分からん。やしが、造(ちゅく)らったしえ、13~15世紀頃(しいちぐる)んでぃぬ事(くとぅ)やくとぅ、他(ふか)ぬ大(ま)…

続きを読む

座喜味城址(読谷村)

 「松風騒ぐ丘の上、古城をひとり何偲ぶ」(三橋美智也)んでぃぬ歌ぬ如(ぐとぅ)、座喜味城(ざちみぐしく)や、ちゅら松(まあち)ぬ木(きい)なかい囲(かく)まあらっとおん。15世紀(じゅうぐしいち)ぬ初(はじ)み頃(ぐる)、護佐丸(ぐさまる)ぬ造(ちゅく)たんでぃぬ事(くとぅ)。尚巴志ぬ臣下(しんか)とぅなやあに、三山統一ぬ一番ぬ功労者やしえやたしが、三山ぬ一角んかいあいがなあ独立国風儀(ふうじい…

続きを読む

谷茶前ぬ浜(恩納村)

 ♪谷茶前(たんちゃめえ)ぬ浜(はま)に、スルル小(ぐぁあ)ぬ寄(ゆ)てぃてぃんどう♪(「谷茶前ぬ浜」)でぃち歌(うた)あらっとおる「谷茶前ぬ浜」でぃしえ、くぬ浜がやら。恩納村字谷茶(うんなそんあざたんちゃ)んあぬ浜やくとぅ、いやでぃんくぬ浜やる筈(はじ)。「ちゅら浜(ばま)」ぬ事(くと)お「前ぬ浜」でぃが言(ゆ)ら。古典民謡(うふぶし)んかいん「前ぬ浜」でぃしんあい、宮古(なあく)んかいん「与…

続きを読む

木麻黄とぅアダニぬあぬ海岸(恩納村)

 岩(しい)んかいしがとおしえ、阿旦(アダニ、アダン)。くがたあ木麻黄(もくまおう)。うぬ二(たあ)ちぬ木(きい)や、沖縄(うちなあ)んじえ、まあぬ海端(うみばた)んかいんあん。 南太平洋ぬ島々ぬ浜んかいあしえ、大概(てえげえ)や椰子(やあし)どぅやしが、何(ぬう)んでぃち、沖縄ぬ海端ぬ景色(ちいち)え、あんすかなあ違(ちが)とおがやあ。 阿旦え、蔡温(尚敬王代ぬ宰相)が防潮林とぅしち、植(ゐ)…

続きを読む

残波岬(読谷村)

 「又ん巡(みぐ)り合(お)う御縁(ぐいん)とて、招(まに)く扇(おうじ)や三重城(みいぐしく) 残波岬(ざんぱみさち)ん後(あとぅ)に見(み)て」んでぃち、大節(うふぶし)「上(ぬぶ)い口説(くどぅち)」於(をぅ)とおてぃん歌あらっとおる残波岬。どぅく、音(うとぅ)うっち、知らん人(ちゅ)お居(をぅ)らん。写真ぬじいが行(ん)じゃるばすお灯台(とうでえ)まんぐらんかいや、いちゃっさきいぬ観光客…

続きを読む