旧日本陸軍高射砲(南城市)

旧日本陸軍高射砲.JPG
2020/1/15

 旧(んかし)日本陸軍ぬ沖縄戦んじ、配(くば)たる実(じゅん)にぬ高射砲やん。
 うぬ後(くしゃあ)んかいや海軍ぬ配とおたる魚雷ん置(う)かっとおん。
 平和(ひいわ)教育ぬ為(たみ)ぬむんとぅしち、くまんかい飾(かざ)らっとおん。
 南部島尻(しまじり)えあいゆかんぬ戦所(いくさどぅくる)やたくとぅ、くんな兵器ぬ見(み)い出(ん)じゃさったせえ、何(ぬう)んふぃるましいむのおあらん。
 やしが、終戦から1950年前半(にんまえはんぶん)まんぐるぬ沖縄(うちなあ)や古鉄(ふるがに、スクラップ)世(ゆう)。
 沖縄中(うちなあまじり)ぬ人(ちゅ)ん達(ちゃあ)やショベルとぅツルハシ持(む)っち、目(みい)や研(とぅ)ざなやあに、あまくま、兵器ぬ空(殻)骨(からふに)、砲弾(ふうだん)、電線(でぃんしん)うぬ他(ふか)ぬ古鉄(ふるがに)ゆ漁(あさ)ってぃ歩(あ)っちょおたん。
古鉄漁とおる現場(とぅくる)んかいやいいくる毎日(めえにち)、古鉄買うやあぬ馬車(ばしゃ)持(む)っち姿(しがあ)見(み)したるむぬやん。
 特(かわ)てぃ、高射砲ぬ空骨そうなむぬお重(んぶ)さくとぅ高(たか)く売(う)らりいたん。
 うぬままぬ形(かたち)なかい残(ぬく)とおせえ又(また)、何(ぬう)やかんふぃるましむんやん。

注:時の米国高等弁務官は「沖縄にあるスクラップはすべて米国のものである」と宣言したが、これに耳を貸す県民は殆どいなかった。

語句】
旧日本陸軍ぬ沖縄戦んじ=旧日本軍の沖縄戦で
配たる実にぬ高射砲やん=配備した本物の高射砲15センチカノ砲である。
うぬ後んかいや海軍ぬ配とおたる=その後ろには旧海軍が配備していた
魚雷ん置かっとおん=魚雷も置かれている
平和教育ぬ為ぬむんとぅしち、くまんかい飾らっとおん=平和教育の目的でここに展示されている。
南部島尻えあいゆかんぬ戦所やたくとぅ=南部島尻はものすごい戦場だったので
くんな兵器ぬ見い出じゃさったせえ=このような兵器が発見されたのは
何んふぃるましいむのおあらん=何も珍しいものではない
やしが、終戦から1950年前半まん頃ぬ沖縄や古鉄(スクラップ)世=だが終戦から1950年前半は沖縄はスクラップブーム時代
沖縄中ぬ人ん達やショベルとぅツルハシ持っち=沖縄中の人たちはショベルとツルハシを携えて
目や研ざなやあに、あまくま、兵器ぬ空(殻)骨=血眼になって、あちこち兵器の残骸や
砲弾、電線うぬ他ぬ古鉄ゆ漁ってぃ歩っちょおたん=砲弾、電線その他のくず鉄を探し歩いていた
古鉄漁とおる現場んかいやいいくる毎日=くず鉄を掘り出す現場には、ほぼ毎日
古鉄買うやあぬ馬車持っち姿見したるむぬやん=くず鉄仲買人は馬車で姿を見せていた。
特てぃ、高射砲ぬ空骨そうなむぬお重さくとぅ=特に高射砲のような残骸は重さもあって
高く売らりいたん=高く売れた
うぬままぬ形なかい残とおせえ=そのままの形で残っていることこそ、
又、何やかんふぃるましむんやん=何より珍しいのである。

この記事へのコメント