返し石獅子(南風原町)

風気返しトリミング小.jpg
2020/2/15

 村々(むらむら)んかいある獅子(しいし)んかいや、実(じん)に面白(うむ)さる伝(って)え話(ばなし)ぬあるむぬやん。
 東風平(くちんだ)富盛(とぅむい)んかいや、どぅくだら、まんどおたる火事(くゎじ、ほうはい)ゆ鎮(しじ)みゆる積合(ちむええ)さあに、沖縄(うちなあ)んじ初(はじ)みてぃ、造(つく)らったんでぃさっとおる獅子(しいし)ぬあん。
 やしが、かたがた、うりが南風原町(ふぇえばる)本部(むとぅぶ)んかい向(ん)きらっとおたる為(たみ)なかい、本部(むとぅぶ)ぬ人(ちゅ)ん達(ちゃあ)や、うりんかいぬ返(けえし)しとぅしち、富盛んかい向きてぃ石獅子(いししし)ゆ造たん。
 やしがまた今度(くんど)お照屋(てぃいら)ぬ人ん達や、本部獅子え又照屋(てぃいら)んかいん向きらっとおるんでぃ、けえ思(うむ)やあに、本部んかい向きてぃ、うぬ写真ぬ獅子造たんでぃぬ事(くとぅ)。
 村同士(むらどうさあ)ぬ揉(む)み事(ぐとぅ)ゆ獅子造いさあに、済(し)ますしん、いやでぃん、「平和(ひいわ)風儀’(ふうじい)」やあらに。
 獅子ぬ卑語(愛称、やなくとぅば、かなさくとぅば)あ「シーサー」。今(なま)あシーサーや只(ただ)ぬ物退(むんぬ)き物(むん)とぅけえなとおん。

【語句説明】
村々んかいある獅子んかいや、実に=村々にある獅子にはほんとうに、
面白さる伝え話ぬあるむぬやん=面白い伝え話があるものだ。
東風平富盛んかいや、どぅくだら、まんどおたる火事ゆ鎮みゆる積合さあに=東風平富盛には、あまりのも多かった火事を鎮める目的で
沖縄んじ初みてぃ、造らったんでぃさっとおる獅子ぬあん=沖縄で最初に造られた獅子がある。
やしが、かたがた、うりが南風原町本部んかい向きらっとおたる為なかい=しかし、それがたまたま、南風原町本部に向けられていたことから、
本部ぬ人ん達や、うりんかいぬ返しとぅしち=本部の人々はこれに対抗するために
富盛んかい向きてぃ石獅子ゆ造たん=富盛に向けて石獅子を造った。
やしがまた今度お照屋ぬ人ん達や、本部獅子え又照屋んかいん=ところが今度は、照屋の人々は本部の獅子は照屋に
向きらっとおるんでぃ、けえ思やあに、本部んかい向きてぃ=向けられていると思い込み、本部に対抗して、
うぬ写真ぬ獅子造たんでぃぬ事=その写真の獅子を建てたとのことだ。
村同士ぬ揉み事ゆ獅子造いさあに、済ますしん=村同士の争いを獅子づくりで済ますとは、
いやでぃん、「平和風儀」やあらに=いかにも、平和的ではないか。
獅子ぬ卑語(愛称)あ「シーサー」=獅子の卑語(愛称でもある)は「シーサー」。
今あシーサーや只ぬ物退き物とぅけえなとおん=現在はシーサーは単なる魔除けになってしまった。

この記事へのコメント