小塔ぬあぬ根枯じらあ岩(うるま市)

小塔のある海岩s.jpg
2020/3/15

 根枯(にいが)じらあ岩(しい)やうちなあんじえ、ふぃるましいむぬおあらんしが、何(ぬう)がやら、頂(ちじ)んかいコンクリート造(づく)いぬ塔(たっちゅう)ぬ建(た)てぃらっとおくとぅ、ふぃるまさん。
 何(ぬう)ぬ為(たみ)ぬ塔がやら。
 まんぐらんかいや地(じい)ん人(ちゅ)ん見(み)いらんたくとぅ、訊(ち)ちいんならんたん。
 倉岩(くらじい)んでぃん言(ゆ)ん。
 海(うみ)ぬた生(い)ち物(むし)小(ぐゎあ)とぅ波(なみ)なかい削(き)じらってぃ、うん如(ぐと)おる形(かたち)んかいないぎさん。
 陸(あぎ)んかいあぬ石灰岩(しくゎいじい)や同(いぬ)形し、むとぅうゆしが、海ぬ中(なあか)ぬ岩(しい)あ、海んかいある限(かじ)り、いちみとぅとぅうま、ちゃあ削らりいさりいるばすやん。
 かあま遠(とぅう)さんかい見(み)ゆる岩ん、くぬ岩ねえしがないらあ。
 砂浜(しなはま)造(つく)ゆする大(ま)ぎ岩やれえ、胴(どぅう)ぬ丸回(まんまあ)るうんかい砂浜(しなはま)造てぃ、胴守(まむ)ゆる事(くとぅ)んなゆる筈(はじ)やしが…。
 人(ちゅ)ぬ時間(じかん)や馬(んま)ぬ走(は)い、自然(しじん)ぬ時間や亀(かあみい)ぬ走い。

【語句】
根枯じらあ岩やうちなあんじえ、ふぃるましいむぬおあらんしが=キノコ岩は沖縄では珍しい者ではないが、
何がやら、頂んかいコンクリート造いぬ塔ぬ=どういう訳か頂きにコンクリート製の塔が
建てぃらっとおくとぅ、ふぃるまさん=立っているので珍しい。
何ぬ為ぬ塔がやら、まんぐらんかいや=何のための塔なのか、近くに
地ん人ん見いらんたくとぅ、訊ちいんならんたん=地元の人がいなかったので、訊けなかった。
倉岩んでぃん言ん=クラジイんとも言う。
海ぬ生ち物小とぅ波なかい削じらってぃ=海の生物や波に削られて、
うん如おる形んかいないぎさん=このような形になる様だ。
陸んかいあぬ石灰岩や同ぬ形しむとぅうゆしが=陸にある石灰岩は同じ形を維持するが、
海ぬ中ぬ岩あ、海んかいある限り=海の中の岩は海にある限り、
いちみとぅとぅうま、ちゃあ削らりいさりいるばすやん=ずっと、削り続けられるわけである。
かあま遠さんかい見ゆる岩ん、くぬ岩ねえしがないらあ=ずっと向うにある岩もこの岩のようになるのだろうか。
砂浜造いゆする大ぎ岩やれえ、胴ぬ丸回るんかい=砂浜を造れる大きな岩ならその周囲に
砂浜造てぃ、胴守ゆる事んなゆる筈やしが…=砂浜を造って自分を守ることんもできようが…。
人ぬ時間や馬ぬ走い、自然ぬ時間や亀ぬ走い=人間の時間は馬が疾走するが如く、自然の時間は亀が這う如し。

この記事へのコメント