みちらったる遊び庭(豊見城市)

 新(みい)コロナぬ障(さわ)い故(ゆい)に童(わら)ん達(ちゃあ)ぬ遊(あし)び庭(なあ)迄(までぃ)んけえ、みちらっとおん。 遊び物ぬあるっさ、諸(むる)、ロープとぅか網(あみ)なかい、けえ囲(かく)らってぃ、「遊ぶな」風儀(ふうじい)ぬ張(は)い紙(かび)んはらっとおん。 んちゃ、諸が触(さあ)ゆる遊び物(むん)、いいりむんやぐとぅ、あんしわるないる筈(はじ)。 まるけえてぃ、座(い)…

続きを読む

玉陵(那覇市首里)

「たまうどぅん(玉御殿)」んでぃ言(ゆ)ん。「たま」や「霊」ぬちむええやんでぃぬ考(かんげ)えんあん。「玉」や「玉黄金」んでぃ言る言葉(くとぅば)んある通(とぅう)い、「宝物(たからむん)ぬ如(ぐとぅ)、美(ちゅ)らさん」でぃぬちむええぬあん。首里城(しゅいぐしく)ぬ西(いり)んかいあん。第二尚氏ぬ御陵(はか)なやあに、世界遺産ぬんかい登録さっとおん。第一尚氏ぬ御陵や浦添(うらしい)んかいあるぬ…

続きを読む

旧日本軍壕跡(那覇市)

 首里城(しゅいぐしく)ぬ地下(じいしちゃ)んかい旧日本軍第32軍ぬ司令部壕(がま)ぬあん。 くまあハンタ山ぬ側(はた))ぬ入口(いいぐち)なとおん。 城内(ぐしくうち)んかいん幾(いく)ちがなぬ出入(んじい)り口ぬあん。 豊見城(てみぐしく)んかいある海軍壕ねえし、戦跡(いくさあとぅ)とぅしち見(み)しゆせえませえあらにんでぃぬ話(はなし)ん出(ん)じとおん。 やしが、豪(がま)ぬ中(なあか)…

続きを読む